読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【就活】やりたい仕事を見つけ、なんもなかったはずなのに自己PRができる僕の実体験を交えた就活法

やりたいことがない。どういう仕事が適職かわからない。自己PRできることがない。そんな、以前の僕と似たような考えの方の助けになればと思い、やりたいことが見つかり、起業にアピールできる内容が盛りだくさんになるような、すでに多くの学生が内定を獲得している方法をお伝えします。

【就活】自己PRで過去のことを書く際は注意が必要

うも
こんばんは

秋葉原には
サウジアラビアの方がたくさんいた!?
就活コンサルタント
まるやまです。


自己PR、頑張ったことに
高校のことを書く方はたくさんいます。

しかし、それは一歩間違えば
読み手には何も伝わらない文章
となってしまう危険があります。

あなたは伝えたいことがあり、
いろいろ考えた中で高校の出来事を選んだ

そして、文章を読まれても
読み手の記憶には残らない


もちろんそれでは書類で

不採用となってしまいます。

f:id:maruyama-job:20170314225804j:plain


それはなぜかというと
企業はこれからのあなたを見込み
内定を出し、採用をするのです。


高校のときはこういうことができました!
昔はこんなすごかったです!

じゃあ今は?
これからは?

となってしまうのです。


だからといって
高校の話をしてはいけない
というわけではありません。


そこで大切になるのが
伝え方です。

f:id:maruyama-job:20170216223014j:plain



どういうことかというと、
今も継続できていること、
今はさらに成長していること

これが分かるように書けばよいのです。


ただ、
高校のときは○○ができました。

では終わらせず、

今でも○○を意識することで
・・・です。

のように、読み手、聞き手に
今のあなたの状況、
これからのあなたの状況が分かるよう

伝え方
工夫してみてください。


以上です。
本日も読んでいただきありがとうございました。

=============================

通るES、履歴書にするために大切な

自己分析がスラスラできる

手引書を無料配布中

資料はこちらからお受け取りください。

f:id:maruyama-job:20161113021420j:plain

 

書類の添削や相談、個別サポートもしております

=============================



まるやま