読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【就活】やりたい仕事を見つけ、なんもなかったはずなのに自己PRができる僕の実体験を交えた就活法

やりたいことがない。どういう仕事が適職かわからない。自己PRできることがない。そんな、以前の僕と似たような考えの方の助けになればと思い、やりたいことが見つかり、起業にアピールできる内容が盛りだくさんになるような、すでに多くの学生が内定を獲得している方法をお伝えします。

【就活】自分をアピールするために、人の話は目線を天井から床を見るように○○して聞け

うも
こんばんは

昨日まで体調を崩して
水曜から会社を休んでいた

就活コンサルタント
まるやまです。


就職活動では、
合同説明会や
企業説明会という

企業の人が多くの就活生向けに
その企業について詳しく説明をしてくれる場です。

 

f:id:maruyama-job:20170204232213j:plain



そこで、

あなたは何をしますか?

ただ企業の人が話している
企業情報をメモしながら、

質問は何を聞こうかなと考えている

それくらいではないでしょうか。

さらに、企業の人に質問をするって
相当質問内容を考えますよね。

こんなこと聞いていいのだろうか。。
的外れな質問だったらどうしよう。。

説明会中も気が気ではないかもしれませんが
もうそんな心配もいりません!


しかし、せっかくこのブログを
読んでくださっているあなたには

質問をする以上に最適な

アピール方法をあなたに

お伝えします。

 



これは以前僕がとある

コミュニケーション系のセミナーで

教わった方法で

これをするだけで、

 

隣の人から声をかけてもらえるだけでなく
時にはセミナー講師から話しかけられるほど
それくらい、何十人、何百人といる中で
アピールして相手に覚えてもらうことができる

アッと驚くような方法です。


それは、
とにかく大きく
うなずくことです。

 

f:id:maruyama-job:20170204233456p:plain



なぜこれが大切かというと

「自分はうなずている」
と思っても、

相手に気づかれない人が

とても多いのです。

相手にうなずいていると
気づいてもらうには

自分が思っている以上に
大きく動作しなければいけません。


大きくうなずいて
印象が下がるわけありません。

むしろ、

相手に目に入り、
熱心に聞いているという印象を与えます。

これは、
何百人という人の前で講師をするような方が
言っていたことでなので間違いありません。


ちゃんと聞いているというアピールにもなり、
特に適度に大きくうなずく場面があると

理解している

という印象も与えます。

こんな簡単は
アピール方法はありませんよ?


天井から床を見ろ

とまでは言いませんが、


いつも以上に大きくうなずく
これは今後は意識してください。


現代の就活は印象がとても大切です。


どんなに成績優秀でも
印象1つで不採用になる就活だからこそ

これからは
人の話は大きくうなずいて
聞いてください。



以上です。
本日も読んでいただきありがとうございました。

=============================

通るES、履歴書にするために大切な

自己分析がスラスラできる

手引書を無料配布中

資料はこちらからお受け取りください。

f:id:maruyama-job:20161113021420j:plain

 

書類の添削や相談、個別サポートもしております

=============================



まるやま