読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【就活】やりたい仕事を見つけ、なんもなかったはずなのに自己PRができる僕の実体験を交えた就活法

やりたいことがない。どういう仕事が適職かわからない。自己PRできることがない。そんな、以前の僕と似たような考えの方の助けになればと思い、やりたいことが見つかり、起業にアピールできる内容が盛りだくさんになるような、すでに多くの学生が内定を獲得している方法をお伝えします。

【就活】体調管理よりも大切な体調を崩したときの対応

うも
こんばんは
 
社内でも体調を崩す人が出てきた
就活コンサルタント
丸山です。
 
 
体調管理
これはとても大切だと思っているはずです。
 

f:id:maruyama-job:20170116230532j:plain


 
大切な採用試験の日
体調を崩して行くことができないと
なりたくありませんもんね。

 
しかし、体調管理よりも
大切なものが実があるのです。
 
 
それは、
体調を崩してしまった
そんな場合の行動です!


 
体調を崩してしまうことは
誰だってあり得ることです。
 
 
もちろん
健康体でいたほうが良いですが


いくら予防をしていたとしても
かかってしまうときは
かかってしまいます。
 
 
そうなったとき

熱がありぼーっとして
頭が回らない時
 
そのような日と採用試験が重なってしまった
あなたはどうしますか?

 

f:id:maruyama-job:20170116230928j:plain


 
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 
答えは人それぞれ違いますし、
頭がぼーっとしていたら
今考えた行動も
正しくできないでしょう。
 
 
なぜ行動が大切かというと
もし、体調不良の原因が
インフルエンザだったとしましょう。
 

 

無理して、黙って、
採用試験に行きますか?
 
 
それは、会社の人にインフルエンザ菌
まき散らすことになってしまいます。

それでは、会社の人に迷惑が掛かり、
その後待っている面接予定や仕事を
ストップさせ、後回しにしてしまいます。
 
 
相手を考えた行動では

ありませんね。
 
 
ですので、インフルエンザである旨伝え
キャンセルの連絡を入れるのが適切です。
 
※医者に行かずインフルだと

診断されなければ良いという

自己中心的な考えも、会社には迷惑となります。
 

f:id:maruyama-job:20170116231059j:plain


 
そして、体調が回復してから
再度時間を取ってもらえるようお願いすれば
 
必ず時間を取ってくれます!
 
 
なぜなら、あなたのような
相手のことを考えキャンセルする、
そして、時間予定を作ってもらえるよう

自ら提案する力

 

それだけ採用試験を

受けたいという気持ちが
 
企業サイドには必ず
伝わります。
 
 
ですので、体調管理も大切ですが、
これからは風邪やインフル、ノロも
はやり始めます。
 
誠意を見せた

そして社会人としての

行動をしてください。
 
以上です。
本日も読んでいただきありがとうございました。
 

 

=============================

通るES、履歴書にするために大切な

自己分析がスラスラできる

手引書を無料配布中

資料はこちらからお受け取りください。

f:id:maruyama-job:20161113021420j:plain

 

書類の添削や相談、個別サポートもしております

=============================


 
まるやま