読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【就活】やりたい仕事を見つけ、なんもなかったはずなのに自己PRができる僕の実体験を交えた就活法

やりたいことがない。どういう仕事が適職かわからない。自己PRできることがない。そんな、以前の僕と似たような考えの方の助けになればと思い、やりたいことが見つかり、起業にアピールできる内容が盛りだくさんになるような、すでに多くの学生が内定を獲得している方法をお伝えします。

【就活】資料を捨てることは記憶を捨てること

うも
こんばんは

仕事がないと
ぐーたらしてしまう
就活コンサルタント

まるやまです。


高校、大学、就活で
あなたは様々な勉強をして、

多くの資料やテキストを
貰ってきたと思います。


僕も同じです。


今まで、とても多くの資料を
貰ったり、買ったり、
ノートに自分で書いたりしてきました。

f:id:maruyama-job:20161223225749j:plain



そして、
お部屋掃除などで

『もう必要ない』

と判断することで
多くのものを捨ててきました。


しかし、僕は思ったことがあります。

それは、今日の出来事でした。


無料配布している

自己PRの手引書を、17卒の方の情報
僕がサポートした方から聞いた情報を踏まえ

最新バージョンに

更新しようと考えていました。


しかし、
整理した際に消しちゃったのか
3台のパソコン内を探しても

どこにも修正可能な

PDF変換前の資料がない!


たぶん、消しちゃったのだと思います。

そして、その際に思ったことが
本日お伝えしたいことです。


本やテキスト、ノートを捨てることは
否定しません。

それは、使うこともないものを
取っておくとゴミだらけになるからです。

 

f:id:maruyama-job:20161223230412j:plain



しかし、そられを捨ててしまった際に、
再度学習したい、情報が必要となった際は

それらがないと、ほとんど
思い出すことができないということです。


人の記憶は頼りになりません。
『あの本に書いてあった。』

と思い、本がなかったとしたら
ほとんど思い出すことができないことが
想像できると思います。


再度本を購入するか
調べるなどが必要です。


ですので、
何かを捨てる際は、


本のようにお金で

買うことができることなのかどうか


これが必要なのではないかと思いました。



最後に、僕は
就活をサポートするようになり、
就活時に使っていたノートを探しました。

しかし、その時も同じ

『もう俺は就活をしない』
と考えて、ノートを捨ててしまっていたのです。

本と違い、

自分で取ったノートは
何をしても

買うことができません!

こんなすぐ必要になるとは

思っていませんでしたが

捨てなけば良かったと

めちゃくちゃ後悔しました。


その後、自分の持っている情報を捨てる際は
気を付けるようにしています。


以上です。
本日も読んでいただきありがとうございました。

=============================

通るES、履歴書にするために大切な

自己分析がスラスラできる

手引書を無料配布中

資料はこちらからお受け取りください。

f:id:maruyama-job:20161113021420j:plain

 

書類の添削や相談、個別サポートもしております

=============================



まるやま