読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【就活】やりたい仕事を見つけ、なんもなかったはずなのに自己PRができる僕の実体験を交えた就活法

やりたいことがない。どういう仕事が適職かわからない。自己PRできることがない。そんな、以前の僕と似たような考えの方の助けになればと思い、やりたいことが見つかり、起業にアピールできる内容が盛りだくさんになるような、すでに多くの学生が内定を獲得している方法をお伝えします。

【就活】志望動機が思いつきません。そうなる前に

うも
こんばんは

 

寝不足が続いている
就活コンサルタント
まるやまです。


僕が大学生のときも同じゼミの人が
教授に相談していました。

「志望動機が書けません」

 

f:id:maruyama-job:20170216223014j:plain


また、

僕自身も初めは全然書けず、
当たり障りのない、
全然気持ちのこもっていない

志望動機となっていました。


しかし、
そんな志望動機では企業側に思いが伝わらず、

「うちの会社じゃなくていんじゃない?」
と思われてしまいます。


そうなってしまえば、
その会社に入る必要がなくなり、

企業サイドも不採用、
お祈りメールをする

ということになってしまいます。


何社も似たような職種を受けるにも関わらず、
志望動機を書くのって難しいとは思います。

しかし、

そんな中しっかり自分の思いや考え、

気持ちを伝える志望動機にし

内定を獲得してほしいと思っています。

そのためには、志望動機で
この会社でなければいけない!

と伝える必要があります。

そうするには、
その企業に興味を持った
採用試験を受けようと思った
素直な気持ちを伝える必要があります。


どういうことかと言いますと、

説明会で興味を持ったところがあれば、
素直にそれを伝えたらよいのです!


以前お話を伺った

人事の方はこう言っていました。

 

f:id:maruyama-job:20170216223333j:plain


「マニュアル通りの志望動機の人ばかり
全然その人の気持ちがわからない。」


実際その通りなのです。


そのため、
素直に興味を持った理由や

 

何社も似たような企業がある中で


その会社を受けようと思った理由
仕事内容や顧客、地域、

なんのために会社があるのか
人間関係や自身の成長と

興味を持った理由は様々ですので、

その仕事をしたいと思った理由
その会社を受けようと思った理由

これを再度考え、書いてみるとよいです。

こういう人に感謝されたい
夢を与えたい、

こういうことに関わりたいなど
何かしら必ずあります。

理由なく受ける人はいませんので、
何かしら秘めた思いがあるはずです!

それをしっかり考えてみてください。

以上です。
本日も読んでいただきありがとうございました。

=============================

通るES、履歴書にするために大切な

自己分析がスラスラできる

手引書を無料配布中

資料はこちらからお受け取りください。

f:id:maruyama-job:20161113021420j:plain

 

書類の添削や相談、個別サポートもしております

=============================



まるやま